[サイトマップ]


サイトのトップページへ
緘黙児指導書『場面緘黙児への支援 −学校で話せない子を助けるために−』の紹介ページへ
緘黙症シンポジウム案内のページへ
緘黙症体験記集ダウンロードページへ
寄稿文集コーナーへ
かんもくの会ゲスト掲示板へ
かんもくの会入会案内のページへ

場面緘黙症の概説
書籍&リンク集
ごあいさつ
設立趣意
展望と目的
会則
当事者会員の言葉
お問い合わせ
過去のお知らせなど
代表のプロフィール
代表の日誌

当サイトは自由にリンクしていただいて結構です。


since 2006.8.13
 

かんもくの会は、場面緘黙症選択性緘黙)・全緘黙症を巡る諸問題を社会に訴え、解決に取り組む非営利の任意団体です。

かんもくの会には、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)または全緘黙症を経験して大人になった人たちと場面緘黙児の保護者、そして、いま現在場面緘黙症を抱えて苦しむ当事者本人や教育関係者、カウンセラー、障害者支援に携わる人たちが集まっています。
外部においては、大学や相談機関の心理臨床の専門家、教育関係者など多くの方々に、緘黙症に苦しむ子どもたちと成人後も緘黙症またはその後遺症によって社会適応に困難を抱える人たちへの支援の必要性をご理解いただき、ご助力を賜っています。


場面緘黙症選択性緘黙)の簡単な説明

  

場面緘黙の子どもたちはある特定の場面で口をききません。
一般的に家では安心して話しますが、学校では自由に話すことができないのです。
子どもの場面緘黙は、「話すことへの恐怖に何とか対処しようとする必死の試みなのだ」というのが私たちの見解であり、多くの専門家たちの見方です。
緘黙児は話したいのかもしれませんが、恐怖への反応がそうはさせないのです。
緘黙児が話さないことを自ら選択していると考えるのは不当だと思います。

     

「『場面緘黙児への支援 −学校で話せない子を助けるために−』
A. McHolm, C. Cunningham, M. Vanier/共著  河井英子・吉原桂子/共訳  田研出版」 より引用・構成


場面緘黙症の子どもは周りにあまり迷惑をかけないので放置されがちですが、本人は心の内でとても苦しい思いをしています。
一般的に場面緘黙症は学齢期の間だけの症状で、大人になれば治ると認識されているようです。
しかし、場面緘黙症を克服できないまま成長すると、成人後に大なり小なり後遺症的な影響を残します。後遺症ばかりか、緘黙症そのものが治らず、家に引きこもり、社会に出て仕事ができないなど自立した生活が困難な人たちもたくさんいます。緘黙症はけっして学校教育の間だけの問題ではありません。
全緘黙症は、特定の場面だけでなく家族をも含むあらゆる場面で話すことのできないさらに重篤な症状です。

私たちは、認知度が極めて低く誤解の多い場面緘黙症・全緘黙症に関する正しい知識を広く知っていただき、教育や福祉、心理相談などに関わる方々に効果的な支援方法の研究をしていただくとともに、場面緘黙症・全緘黙症に苦しむ子ども及び大人たちを見逃すことなく適切に対処がなされる社会体制が構築されることを目指しています。



■2016年度日本特殊教育学会第54回大会における自主シンポジウムのお知らせ(2016.8.20更新)

シンポジウムの開催日時及び会場

  日時: 大会期間9月18日(日) 午後1時30分〜3時
  会場: 新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ 301A
     
               学会の大会案内サイト


シンポジウムタイトル

 『自主シンポジウム10周年記念シンポジウム
  場面緘黙を取り巻く状況:これまでの10年、これからの10年』


シンポジスト

  企画者 浜田貴照 (かんもくの会)
  藤田継道 (岐阜聖徳学園大学教育学部)
  司会者 藤田継道 (岐阜聖徳学園大学教育学部)
  話題提供者 青木路人 (かんもくの会(緘黙症当事者))
  高津梓 (筑波大学附属大塚特別支援学校)
  指定討論者 奥田健次 (行動コーチングアカデミー)


■日本緘黙研究会の公式サイトがオープンしました。(2016.4.3更新)

日本緘黙研究会



■日本緘黙研究会の研修講座のお知らせ


6月26日に日本緘黙研究会が研修講座を開催します。
研修講座「場面緘黙の理解と援助」開催のお知らせ

研修講座のお知らせのページからの一部抜粋です。

-------------------------------------------------------

「緘黙 (かんもく) について、教育や保育の現場で働く方々、発達相談に関わる方々、発達支援に関わることを学ぶ大学生以上、そして子育てに関わるすべての人たちに正しい知識と援助技術について知っていただくため、研修講座を開催することになりました。以下の通り、開催しますので関心のある多くの方々にご周知方、よろしくお願いいたします。たくさんのご参加をお待ちしております。」

【ごあいさつ】
   藤田継道 氏 (関西国際大学)
【基調講演】 『場面緘黙 (選択性緘黙) の理解と支援』
   園山繁樹 氏 (筑波大学教授)
【事例から学ぶ】
   司会・解説: 奥田健次 氏 (行動コーチングアカデミー)
   事例提供: 笹田夕美子 氏 (浜松市発達医療総合福祉センター)
   質疑応答

日時: 2016年6月26日 (日) 14:00〜16:45 (開場13:30)
場所: お茶の水女子大学 共通講義棟2号館201
定員: 270名
参加費用: 1,000円 (当日お支払いください)

-------------------------------------------------------
以上が抜粋です。
申し込みは緘黙研究会の案内のページからできます。


■2015年度日本特殊教育学会第53回大会における自主シンポジウムは無事終了しました。ご協力下さった皆様、ありがとうございました。(2015.9.23更新)

ご来場者からいただいたアンケートの回答


シンポジウムの開催日時及び会場

  日時: 2015年9月21日(月)13時20分〜15時20分(自主シンポジウム97)
  会場: 東北大学 川内北キャンパス C302教室
     
               学会の大会案内サイト


シンポジウムタイトル

 『学校における緘黙生徒の個別支援・進路指導』

シンポジスト

  企画者 浜田貴照 (かんもくの会)
  藤田継道 (関西国際大学)
  司会者 藤田継道 (関西国際大学)
  話題提供者 浜田貴照 (かんもくの会(緘黙症当事者))
  吉田博子 (東京都立白鷺特別支援学校)
  指定討論者 奥田健次 (行動コーチングアカデミー)

シンポジウムのさらに詳しい案内はこちらのページをご覧ください

■2014年度日本特殊教育学会第52回大会における自主シンポジウムは無事終了しました。ご協力下さった皆様、ありがとうございました。(2014.9.23更新)

ご来場者からいただいたアンケートの回答


シンポジウムの開催日時及び会場

  日時: 2014年9月21日(日)
             午前8時50分〜10時20分
  会場: 高知大学朝倉キャンパス  142教室
     
               学会の大会案内サイト


シンポジウムタイトル

 『緘黙の児童生徒を取り巻く学校・家庭の実情と支援の必要性』

シンポジスト

  企画者 浜田貴照 (かんもくの会)
  藤田継道 (関西国際大学)
  司会者 藤田継道 (関西国際大学)
  話題提供者 浜田貴照 (かんもくの会(緘黙症当事者))
  わかや (保護者かつ元小学校教員)
  指定討論者 久田信行 (群馬大学教育学部)
  指定討論者 奥田健次 (行動コーチングアカデミー)

シンポジウムのさらに詳しい案内はこちらのページをご覧ください


■日本緘黙研究会が発足しました。(2013.9.4)

2013年9月1日の特殊教育学会における自主シンポジウムの後、日本緘黙研究会(仮称)の設立総会が開かれ、同研究会が発足しました。


■かんもくの会の会報第2号を発行しました。ご自由にダウンロードしてお読みください。(2013.8)

        会報「かんもくの会だより」第2号(pdf)(2013年8月発行)

        会報「かんもくの会だより」第1号(pdf)(2009年4月発行)


■産経新聞(2013年10月23日)に私たちをご取材頂いた記事が掲載されました(東海北陸以西で山口、九州・沖縄を除くエリア)。(2013.10)

  産経新聞掲載記事の画像(転載不可)


過去のお知らせなど⇒⇒

緘黙症体験記集ダウンロードのページへ
緘黙症体験記集
ダウンロードページへ

かんもくの会が制作した緘黙症の体験記集です。ご自由にダウンロードしてお読みください。


緘黙児指導書「場面緘黙児への支援」の紹介ページへ
緘黙児の指導書
『場面緘黙児への支援 −
学校で話せない子を助けるために』